雨実 和兎の小説創作奮闘ブログ

エッセイ・小説・詩・ポエム

やっぱり良いよねLive動画5選

人との距離がどうとか マスクがどうとか ワクチンがどうとか こんな時代だからこそ 良さが解る事ってあるよね そう!要するに やっぱり良いよねLive動画5選だあぁああ(; ・`д・´)/ にしなさんのヘビースモーカーはやばい!!抜け出せない! それではヒイウゴー…

小説投稿者なら観るべき超有料級動画8選

小説投稿者なら観るべき超有料級動画8選 小説を描いていない人には 全く興味が沸かないだろうが 描いている人には これ以上の情報は無いだろうと 言える位に超有料級です ありがたいー!!感涙(´;ω;`)ウッ… 解りやすく見直せる様に並べてみました それではヒ…

まだまだ日本もこれからだぜ!と思わせてくれるYouTubeチャンネル3選

まだまだ日本もこれからだぜ!と思わせてくれるYouTubeチャンネル3選 先進国で給料が上がらないのに 税金は上がり続け 子供を育てられないと少子化 自殺大国な国と化している日本 だが実は知らないだけで まだまだ希望は有ると思わせてくれる オススメのチャ…

どうせ都市伝説だろう、そう云う人達に観て貰いたい動画5選

どうせ都市伝説だろう そう云う人達に観て貰いたい動画5選 陰謀論抜きにすれば 只の金儲けの話 歴史は曲げようのない事実だから どう感じるかは観た人次第だあぁああ それではヒイウゴー(; ・`д・´)/ youtu.be youtu.be youtu.be youtu.be youtu.be

日本の平和は幻想だった根拠動画4選

日本の平和は幻想だった根拠動画4選 じわじわと侵食されていた 真実が暴かれる時代になったのに 日本が良く変わらないのは 民衆が声を上げないからではないだろうか 侍魂は何処に行ったんだー そう思わされる動画を並べてみましたー(; ・`д・´)/ youtu.be yout…

無関心になる前に観るべき政治の動画3選

与党と野党の出来レース 政治に期待なんか出来ない そう思ってしまうのは本当に自分の意志だろうか 自虐史観や3S政策 造られたレールに乗り 楽な方を選ばさせられているのではないだろうか 歴史を辿れば 幕末の志士は全員カッコいいよね 考え方の違いは在れ…

今更ながらワクチン摂取前に観るべき動画5選

今更ながらワクチン摂取前に観るべき動画5選 自分は反ワクチン派とかワクチン推進派とかの争いには興味が無い 好きな方を選べば良いと思う 但し何も調べずに打つのは違うと思うので 解りやすい動画を並べてみました それではヒイウゴー(; ・`д・´)/ youtu.be y…

世界平和を願って

日本のメディアでは片方を悪者にした映像ばかりが目に付くので 探さないと逆の意見は見付からないし解らない 大衆心理が傾いている時は 逆の意見を言いにくい日本で 自分の言葉を上げている勇気有る動画を並べてみました youtu.be youtu.be youtu.be youtu.b…

瞑想・マインドフルネスのススメ

この世界は緊張に溢れている 其れは隣の国で起きる戦争だったり 仕事や家庭の事だったり 何時迄にこれをしなくちゃとかあれをしなくちゃとか 心は常に毎日に急かされていく そんな緊張から解放する為に お金が無くても出来て デメリットが無く 良い効果を生…

日月神事のススメ

今回は、ここ数年自分がハマっている 日月神事と云う預言書に付いて 紹介したいと思います 先に言っておくと宗教勧誘じゃないよ 何故なら入教するものではなく 読めば腑に落ちて 自分から学びたくなる様なものだから それではヒイウィゴー(; ・`д・´)/ 全部観…

思い出・選ぶ死

思い出 たくさんいた友も 相思相愛 三角関係 元恋人 相性 そんな言葉の中でバラバラに壊れてしまった 大切にしていくよ 懐かしい思い出もこれからの出会いも あの頃のアルバムを胸に 選ぶ死 裁かれない悪を消して死刑台に立っても 後悔や罪悪感など欠片ほど …

おかしな質問・生活の知恵

おかしな質問 同じ人とずっといて飽きないのなんて おかしな質問だよ 出会った時からずっと僕らは 良い意味でも悪い意味でも変わり続けているのに 生活の知恵 お金の為にする事以外で 僕達ができる事に向き不向きなんて関係ないんだよ 少し工夫をすればもっ…

「煌めき」2

「煌めき」2 二人は乗り物から少し離れた場所に有るベンチに座っていたから、 まだ飛行機に乗って何も知らない子供達は楽しそうに手を振り笑っている。 君は答えを求めるように子供達の方を見つめた後、少しだけ考えさして下さいと言い。 「返事は何時でも良…

「煌めき」1

「煌めき」1 気を使われるよりも甘えてほしい。 生きていた頃の生活は、そんな自分の想いとは裏腹な出来事の方が多かった。 夜勤明けで眠たいだろうからだとか、眠るのが遅いからだとか。 わざわざネットで調べた早寝をする知識を丁寧に教えてくれたり。 冷…

賜物

賜物 道を変え 手段を変えては 積み上げ登る 息切らし 見えぬ頂上 踏みしめる大地は 山ではなく 積み上げた努力

根 見上げては 伸び続ける若木に嫉妬する あんな華を付けたかった そんな想いで手を伸ばす 根は積み重ね 空は伸びしろ 陽はまた昇る 貴方を待って

「オハヨウとオヤスミ」2

「オハヨウとオヤスミ」2 今住んでいる場所からはそれほど遠くはないし、子供との仲も悪くはない。 時々預けている事を思えば自分は良いんじゃないかと思ったが、君にはそう思えなかったらしい。 「子供を転校させたくないから」そう言って断る君の考えは何…

「オハヨウとオヤスミ」1

「オハヨウとオヤスミ」1 もう伝わる事の無いおやすみとおはようを何度繰り返しただろう。 恋の始まりが興味で愛が分かち合う理解だとすれば、会話をないがしろに出来ないのは自分だけではない。 朝から交わす事の出来ない会話が、いやが上にも身体の無い自…

「新しい玩具と箱」2

「新しい玩具と箱」2 何か善からぬ事に巻き込まれやしないかと、胸一杯の不安を抑え込み兄の住むマンションに向かう。 何処にでも在るようなワンルームの一室に入り、室内には兄と兄の兄貴がそれぞれ彼女付きで迎えてくれた。 やっぱり兄弟やから似てるなな…

「新しい玩具と箱」1

「新しい玩具と箱」1 形在るものは全て壊れる。 誰もが知っている事で其れは疑いようも無い事実だろう。 其れでも何か残してあげたかったと想うのは、今の自分がこんな姿だからかもしれない。 思い返せば高級な玩具も買ってあげた事は無いし、特別にお金の掛…

「教室と青空」2

「教室と青空」2 自分が中学生なったばかりの頃に知り合った先輩達は怖い人ばかりだったが、 お調子者な其の先輩は怖いというよりは軽い感じの人で在り。 グループの中でもどちらかと言えば弱く、馬鹿にされているようなタイプだった。 其れよりも馬鹿な自分…

「教室と青空」1

「教室と青空」1 もう伝えられないからかもしれないが、もっと真面目な話しをしておけばよかったと思う。 自分が生きていた頃は親の言う事なんて聞かないと思っていたから、 言わなければいけない事も口にはしなかった。 自分が知っている限りでは子供は親と…

「入学式とビデオ」2

「入学式とビデオ」2 面会には一度も行っていない。 母親と姉は会いに行ったらしいが、自分には会って話す事も思い付かない。 兄貴自体がそんな事を求めるような人間ではないと思っていたし、其の時の自分には必要性を感じられなかった。 だが出所してから笑…

「入学式とビデオ」1

「入学式とビデオ」1 一体何から卒業したいのか解らないのに速く大人になりたかったのは、 きっと環境から抑圧されている事に幼いながらも気づいていたからだと思う。 他人はどうか知らないが自分が子供の頃は間違いなくそうで、 其れは自分よりも先に生まれ…

「告白とアルバム」2

「告白とアルバム」2 偶然という意味では多少はそうなのかもしれないと思えるのは、 互いに地元ではなく知らない土地に出た先で出会ったという事位で。 付き合っている人が仲間の一人だという時点で、恋愛対象とは考えられない。 だからこそ君には何でも話せ…

「告白とアルバム」1

「告白とアルバム」1 君と二人で写った写真は少ない。 思い出というのは心に残すものだと思っていたし、互いに手を繋ぐ事すら恥ずかしがるような人だから。 照れた写真写りを気にして、まあ良いかと気にもしていなかった。 君と初めて出逢ったのは17才の時…

「宿題と一歩」2

「宿題と一歩」2 行き先を告げられないまま児童相談所という聞き馴染みのない場所に連れて行かれたのは、 家出から帰って数日後の事だった。 警察署に行方不明の届け出を取り下げに行った後の事だが、母さんは理由も聞かず全く自分を攻めなかった。 もちろん…

「宿題と一歩」1

「宿題と一歩」1 知らない間に出来ることが増え成長していく子供達にとって自分の影響力なんて些細なもので、 君にとっても其れは同じようなものだったのかもしれない。 自分が生きていた頃は家事を手伝う事なんて殆ど無かった。 稀に君から用事を頼まれるよ…

「アイデンティティー」3

「アイデンティティー」3 数日後。 いつものように夕方迄働き、仕事を辞めた俺は先輩夫婦に給料袋を手渡し今日迄のお礼を告げた。 「あんたが働いて得たお金なんやから、そんな気使わんでいいのに」 「他の仕事探して、そのままおればええやん」と先輩夫婦は…

「アイデンティティー」2

「アイデンティティー」2 何一つ関わりたくない状況だが、これはチャンスだと思った。 先輩の家を出た自分は言われたとおりの場所に迎えに行き、其の子に洗いざらい打ち明けた。 そんな事を本当にするかどうか解らない事も付け加えて。 どんな説明をしても最…

クリック応援お願いします(o*。_。)oペコッ

小説ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村