雨実 和兎の小説創作奮闘ブログ

エッセイ・小説・詩・ポエム

「アイデンティティー」1

「アイデンティティー」1 ことわざこそが其の国のアイデンティティーで在り、歴史そのものだと思う。 可愛い子には旅させよとか若い頃の苦労は買ってでもしろとか言うが、 同じ経験をしても同じように学び感じるとは限らない。 だが其れでも言い伝えられる大…

「親不孝とライオン」2

「親不孝とライオン」2 そんな後ろ向きな気持ちを書き消すように、 せめて今まで出来なかった事をしようと保育園に娘の様子を見に行った。 生きていた頃に行った保育園の参観日では、子供達が普段は仲良く出来ているのか。 其れを知りたくてわざと遠巻きに眺…

「親不孝とライオン」1

「親不孝とライオン」1 何故自分は此所に住んでいて、自分には両親が居ないのだろう。 まだ小学生にすらならない自分が小さい頃の記憶。 一緒に暮らしていた同世代の子供が遊び飽きた三輪車に乗り、大人に怒られた時に感じた疑問だった。 其の子が親から買っ…

「オバケの代償」2

「オバケの代償」2 そこまで話すと自分が受け止めるのを待つように、姉は何も語らない。 まるで時間が止まったかのように、車道を走る車のエンジン音や通行人が楽しそうに会話する笑い声が響く。 そんな街の喧騒なんて気にもならない程、 冷静に会話を読み取…

「オバケの代償」1

「オバケの代償」1 人は新しい何かを得ると同時に何かを失うと言う。 其れを代償というのなら、最初から無いものを失ったとは思わない。 本来其所に有るはずのものを無くしたから失ったと思うのだろう。 其れが物でも人でも同じように。 ならば身体を失った…

〈思い出〉3

〈思い出〉3 数日後、そんな状況での運動会当日の朝。 車で小学校のガレージ迄送り届けると、子供は置物のように身動きせず車から降りようとはしない。 学校行事は元々苦手だったので不思議ではなかったが、数日前からの一件も有る。 解らないまま済ませられ…

〈思い出〉2

〈思い出〉2 授業が終わり学校から自宅に帰ると、別室に居た両親は何やらヒソヒソと難しい話しをしている。 この時間の家に父親が居るのは珍しかったので呼び掛けたかったが、 子供ながらに入りづらい雰囲気なのは理解出来た。 いつものように話し掛けられる…

〈思い出〉1

〈思い出〉1 がむしゃらにと決心してはみたが身体が無いという欠点は簡単に補えないのも事実で、 この姿での利点といえば働かないでいいから時間が余っている位だろう。 こんな姿になったからか今までよりも考えてしまうのは、父親の存在意義。 親父とはきち…

〈がむしゃら〉2

〈がむしゃら〉2 「練習しないと乗れるようになれないよ・・・」 もっともな君の正論は相手が大人なら通じるかも知れないが、息子は子供。 「ヘルメット被るのイヤ・・・」とか「暑いからしたくない」という無理やりな理由で一向に乗ろうとはしない。 息子が…

「がむしゃら」1

「がむしゃら」1 もしも自分に子供が出来たら付けたい名前は決まっていた。 蹴人と書いてシュウト。 がむしゃらにサッカーボールを追いかけ走り回る。 そんな子供になってほしい願いを込めていた。 この事からも解るように自分がサッカー好きなのは言うまで…

〈何者?〉2

〈何者?〉2 「別に何も見えないよ~」 怪訝そうに空席を見つめ君は笑って答えるが、もうテレビに集中している息子は聞いてもいない。 確かに子供からの不自然な視線を感じた事は有るが、気のせいだと思っていた。 どんな風に見えているのかは解らないが、ど…

海と僕・力なき正義

海と僕 僕はあなたを抱きしめたくて あなたの海を泳いでいたんだ 抱きしめられないあなたの中 深く広い水平線に怯えている時も 本当はあなたに抱きしめられていた あなたを抱きしめる為に 深く広がる 僕も想いも やっとあなたを抱きしめたよ 僕は空になって …

「何者?」1

「何者?」1 生きていた頃は戯れる子供達を抱え上げると、 力持ちなヒーローに例えられたりして気恥ずかしく思っていた。 子供からしたら父親に対しての願望なのかもしれないし、最高の誉め言葉なのだろうが。 自分が子供の頃はヒーロー物なんて興味無かった…

78<月明かり>

78<月明かり> 洞穴内に入ると同時に、頭に機械的な声が響く。キラーアントもどきを倒し、LV15に上がりました。予想はしていたが、やはり魔物が隠れていやがったか。こうなると前回の洞穴もウスロスの罠だった可能性が有るが、問い詰めても笑われるだ…

77<無駄足>

77<無駄足> 近くの領主が魔王城を攻める噂を聞いた俺達は、魔王城へと向かい急いでいた。 戦闘狂のガオンや妖しいウスロスが居るのだから、俺が止めなければ皆殺しは確実だろう。 不安は大きいが、思っていたよりもクーガーの移動は速く。 魔王城に着いた…

76<アクビ>

76<アクビ> 買い物を済ませた翌日の朝。 クーガーに小さな貨車を粘糸で繋ぎ、昨日約束した出店に向かう。 あまり重い物はクーガーでは運べないので、馬車に比べると半分以下の量になってしまう。 だが苦労して気に入られたクーガーを、誰かに預けるのは嫌…

世紀末の歌・発想変換

世紀末の歌・発想変換 世紀末の歌 あまりの退屈さに 優しい気持ちを忘れかけていた あまりにも刺激的な箱の中の演出で 優しい気持ちを忘れかけていた どうにもならない苛立ちに 予測もできない事故や罠に 世紀末というこんな時代に 社会が人を変えるように …

75<候補>

75<候補> 毒霧が広場に撒かれた日から二日が経ち、すっかり街は平和を取り戻し。 犯人である、サイコパス野郎も現れてはいない。 ただ少し変わった事と云えば、街の住人を救った噂が広まり。 街の至るところで住人に話し掛けられ、ちょっとした英雄扱いに…

数え歌・夢の羽

数え歌・夢の羽 数え歌 ひとつ 広島 爆弾落ちた ふたつ ふるさと 失った みっつ みんな 亡くなった よっつ 夜通し 泣き崩れ いつつ いつかは 幸せにと むっつ 昔を 忘れずに ななつ 涙を 拭い去り やっつ 優しき 心持ち ここのつ この地に 平和が満ちた とう…

土産・敗者の言い訳

土産・敗者の言い訳 土産 蛇口を開けば水が出て 電気があるから灯りがついて ガスがあるから火がついて 人と出会って話をする そんな当たり前のありがたさを旅は教えてくれる ---------------------------------------- -----------------------------------…

蝙蝠・タマの一週間

蝙蝠・タマの一週間 蝙蝠 鳥のようで鳥でない 獣のようで獣でない 僕は光に属さない 夜だけが僕に優しい それが僕の個性さ ------------------------------------------ ------------------------------------------ タマの一週間 日曜日 日向ぼっこ 月曜日 …

当たり前の日常・ハッピーエンド

当たり前の日常・ハッピーエンド 当たり前の日常 ニュースの事件も 仕事の作業も 君と僕の時間も いつかは慣れてしまうから 大切にしていきたいんだ 幼い時の心も ---------------------------------------- ---------------------------------------- ハッ…

窓のカーテン・家計簿

窓のカーテン・家計簿 窓のカーテン カーテンを開けるから外が見えるんだ ベランダに行くから風を感じるんだ 旅に出ると知らない景色と新しい風 僕は帰りカーテンを開けると懐かしい景色で ベランダに行くと懐かしい風なんだ ------------------------------…

天秤・誇り・現状

天秤・誇り・現状 天秤 二人の人を天秤にかけて同じ重さなら 答えを出さなくてもいいんだよ 一緒にいる時間が相手を特別にするのだから ---------------------------------------- 誇り 誇れるものが何もないなら 何もないのを誇ればいいんだ 何でも試せると…

書き置き・雲の名前

書き置き・雲の名前 書き置き 僕が喜ぶことを君がしてくれるのが僕の幸せではないんだよ 君が気付かないくらい些細な事で僕は喜んでいるんだから 君が楽しそうではなくなったら僕は幸せじゃなくなるんだ だから頑張りすぎないでね -------------------------…

赤子の表現・不眠症

赤子の表現・不眠症 赤子の表現 赤子の泣き声が止まらなくても 悲しみで受け止めちゃいけないよ それが唯一出来る表現なのだから --------------------------------------------- --------------------------------------------- 不眠症 太陽を手でかざして…

おもちゃ箱・意味

おもちゃ箱・意味 おもちゃ箱 子供の頃のおもちゃ箱 拾い集めたガラクタ達 捨てない僕はまだ子供 そんな自分も僕は好きだ -------------------------------- -------------------------------- 意味 母の手のぬくもりは忘れた 二つの分かれ道を通り過ぎ 僕は…

パスポート・寄り道・謎解き

パスポート・寄り道・謎解き パスポート 大事なものと引き換えに大事なものを失うなら 僕の自由と君の自由を引き換えに 二人でもっと大事な何かを手に入れよう そう たとえば永遠へのパスポートのようなものを --------------------------------------------…

自由2・神様

自由2・神様 自由2 絶対的な正義が存在しなければ 絶対的な悪も存在しない 全て理屈で通るんだ それが屁理屈であっても 全てを許す事も全てを否定する事も 君の自由なんだ それが君に --------------------------------- --------------------------------…

ピエロ・無題

ピエロ・無題 ピエロ 僕は出来の悪いピエロ お客を選ぶんだ お客は君だよ そこの出来のいいピエロ お客を選べないんだね 君は偉いよ --------------------------------------------- --------------------------------------------- 無題 なぜこんなにも悲し…

クリック応援お願いします(o*。_。)oペコッ

小説ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村